動画

アサヒ住宅の高台住宅開発の取り組みがNHKで取り上げられました。

SIソーラー売電公開を実践公開中

アサヒ住宅って

スタッフブログ

やまひろ事業部

やまひろの展示会情報

イシンホームヴァーチャル総合展示場

アサヒ住宅のイベント情報

株式会社アサヒ住宅の前身「やまひろ」は、大東亜戦争敗戦後間もない昭和28(1954)年4月に尾鷲市大鷲館通り商店街に山下広義(父)・千穂夫婦(母)によって、 雑貨商やまひろとして創業しました。
広義の実家の洋服店からの独立でしたが、仕入先にはやまひろと取引をするなら本家は取引をやめるとの通達の中からの創業でした。 以後、時代の流れの中で環境に適応していくアサヒ住宅の第一歩です。千穂の商売のいろはは材木商としての実家で培われたようでした。 その年はテレビ放送が開始され力道山人気の時でした。

その後、昭和34(1959)年3月12日に株式会社に組織変更し昭和38(1963)年に愛知県豊橋市駅前にセルフスーパーチェーンを目指し 「衣料スーパーやまひろ」を出店しました。大繁盛店となり次の出店を考えている時に社員に仕入れた商品ごと持ち逃げされ敢え無く撤退しました。 被害総額当時金額で3000万円。別法人での損害のため放棄する事は可能でしたが、すべては人を見る目が無く、 管理能力不足であった自分の責任であると逃げる事はありませんでした。
そこで真相を知るまわりの人から信用を得たのでした。しかし、そこからが本当の苦労の始まりでした。

その負債を返済するべく始まったのが昭和45年不動産業朝日商事の開業でした。資本金が無い中でのスタートですので酢酸を舐める日々が続き、 その中で千穂は(株)やまひろを持ち前の頑張りで昭和50年呉服専門店として新装スタート。不動産業と呉服専門店の二足のわらじでしたが、 広義は病魔に犯され事業の主体は千穂が呉服専門店として支えることになりました。 「お客様に喜んで頂きたい」商いの基本である「顧客満足の追求」はここから始まったのでした。

母、千穂の急病の為、現社長雅史が昭和56年(1981)呉服の勉強先の九州博多より帰省しやまひろに入社した時、 財務内容を見て愕然とし自動的に約束手形の資金繰りが始まったのでした。8勝7敗で勝ち越して喜んでいる相撲取りが羨ましかった事を思い出します。 こちらは月末の手形を一回でも不渡りしたらおしまいの中でしたので、全勝しかないと思いました。何よりも凄い格闘技をやっている想いでした。 私の人生は手形を落とすだけで終わってしまうと考えた夜が何日あったか数え切れませんでした。 もうダメかと思ったときに思ってもいない入金や売上に対し手を合わせてお客様を見送ったこともしばしばありました。 帰られても手を合わせて拝んでいました。しかし、とうとう万事窮すのときが来ました。 帰省して6年目の昭和62年(1987)冬30歳の時に下北山村で目標が行かず展示会が終わった時に見た<オリオン座>の青白かった光が忘れられません。

月末の手形決済資金が足りず夜に親戚の家に行き玄関で土下座してお金を借りに行った時の思い、もうどうしようも無かった事が私の原点です。 そして、数日後お寿司屋さんに呼ばれお客さんと友人の前で明日返せと怒鳴られたこと。 その晩母がダンプに身を投げて楽にしてあげると言ってくれたことが「親孝行日本一になる」と考えた原点でした。 その晩妻に経緯を説明しながらどうしても涙が止まらなかったことを忘れることが出来ません。 お金が今は無いぐらいで、人生諦めたらあかん!自分の娘が嫁ぐ日は充実感あふれる我が家から見送らせてあげたい。 持ち家を諦めかけている人達に月々家賃並みから土地付き新築注文住宅を提供するミレーヌ住宅はここが原点として誕生しました。 現在のアサヒ住宅の「和モダン家」の色の基本はやまひろ呉服店から始まっているのです。

その後、独自の目利き力で宅地開発分譲事業で300世帯以上の方々に心豊かに暮らす環境を提供して参りました。 平成になり懸案の支払手形も無くなった平成7年広義の死と同時に自ら設計・施工を手掛けるようになり建築部を設置しました。 平成10(1998)年に千穂実家の倒産に伴う大型土地競売となり先祖供養・親孝行日本一と意気込み年商以上の金額で買い戻し、 その場所に本社を新築移転いたしました。ところが、平成14年の売り上げ不振の折に金融機関へのリスケジュールを申し込み一時的に 融資がストップする羽目に陥りました。少し男気を出しすぎたことを反省しております。 時代はデフレに向かっているときにインフレのものを提供しようとしていたのでした。そこで生まれたのが「ミレーヌ住宅」(商標登録出願中)でした。

父 広義の言い残した言葉に「共存共栄」があります。私は、逆に言えばお客様の喜び・幸せが無ければ我々の喜びや幸せは存在しないという事であると解釈しています。
その思いで提供させていただいた住宅は280棟を超え、来年がやまひろから数えると創業61年になり、思い切って新築移転してから15年になりました。そこで「家をつくるのではなく、幸せな家庭をサポートしたい」~「家族の幸せ」から逆算する家づくり~というイシンホームの家づくりに感銘してイシンホーム住宅研究会に入会致しました。
「働くお母さんに、贈る家」「ガンになりにくい家庭環境の家」や最先端の地震対策の地震装置付きの家や世界最高水準の建材ルートや太陽光発電装置に対する技術力をアサヒ住宅も持った事をご報告させて頂きます。今後もさらにお客様と安心して一生付き合いが出来るように健全経営に努め、「信用と和」の精神で地域社会と共に歩んでいきます。

TOPへ